トップ農業関連 > 人・農地プランについて

農業関連 - 人・農地プランについて

農業が厳しい状況に直面している中、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる人と農地の問題を一体的に解決していく必要があります。このた め、それぞれの集落・地域において徹底的な話し合いを行い、集落・地域が抱える人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」となる「人・農地プラン (=地域農業マスタープラン)」の策定の取り組みが進められています。
人・農地プランは、毎年1回以上定期的に農業者との話し合いの場を設置し、プランにまとめることとされています(農地中間管理事業の推進に関する法律第 26条)。
浅川町では、町全域での策定に向けて集落等で話し合いを行ってきましたが、3月29日に開催された「人・農地プラン策定検討会」における審査の結果、適当と認められましたので、認定された人・農地プランの内容について次のとおり公表します。


浅川町人・農地プラン(全域)(PDF)