トップ町のできごと > 「放射線に関するご質問に答える会」が行われました。

町のできごと

「放射線に関するご質問に答える会」が行われました。(2011/09/30)

 9月28日(水)、午後6時30分より町中央公民館大ホールにおいて行われました。

 

 福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質により、高い環境放射能が観測されていることから、放射線が健康に及ぼす影響について、町民の皆様のご質問をいただきながら、独立行政法人日本原子力研究開発機構の研究者をお招きし、答えていただく機会をつくり、正しい知識をもって日々の生活ができるよう企画されました。

 

 当日は、町関係者をはじめ約100人が出席しました。

 

 

IMG_1432-1.jpg

 講師をしていただいた「独立行政法人日本原子力研究開発機構 東海研究開発センター 原子力科学研究所」の皆さん

 

 

IMG_1472-1.jpg

 放射線に関する説明を熱心に聞く皆さん 

 

 

IMG_1475-1.jpg

 研究主幹 前川藤夫さん

   

 

IMG_1481-1.jpg

 研究主幹 相澤一也さん

  

 

IMG_1489-1.jpg

 研究主幹 中島健次さん

 

 

IMG_1494-1.jpg

 研究副主幹 酒井健二さん

 

 

 講師の皆さんには、それぞれ、放射線と放射能の違いや、半減期、内部・外部被ばくに関する内容、放射性セシウムの意味、震災当日からの環境放射線測定値の状況等詳しく説明をいただきました。

 

 

 説明が終了した後には、参加した皆さんからも何件もの質問がありました。

IMG_1499-1.jpg

 質問をする参加者

 

 

 このような機会により、町の皆さんが不安や疑問を抱えていることを少しでも減らして、正しい知識と理解により、日々の生活を送れるようにしましょう。

 

 お忙しい中、今回の会にご出席いただいた4名の講師の皆様、そして参加いただいた皆様、大変ありがとうございました。