トップ年金・保険 > 国民年金加入の対象となる方

年金・保険 - 国民年金加入の対象となる方

強制加入

20歳から60歳未満の方は以下の3つのうちいずれかに加入しなければなりません。


1. 第1号被保険者

日本国内に住所のある20歳以上60歳未満のものであって、第2号被保険者及び第3号被保険者でない方(例 自営業、農林漁業従事者、学生 など)

2. 第2号被保険者

厚生年金保険の被保険者、共済組合の組合員または加入者。(例 会社員、団体職員 など)

3. 第3号被保険者

第2号被保険者の配偶者で、その第2号被保険者に生計維持されている20歳以上60歳未満の方。


任意加入

第1号被保険者で海外に住んでいる方や、老齢基礎年金の受給要件を満たしていない方、老齢基礎年金を増額したい方などは、本人の希望により第1号被保険者として国民年金に加入することができます。


1 日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の方で、被用者年金制度(厚生年金保険・共済組合など)から老齢または退職を事由とする年金を受け取ることができる方
2 日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の方
3 日本国籍を有し海外に居住する20歳以上65歳未満の方

※老齢基礎年金の繰上げ支給を受けている方や、60歳以上で厚生年金にご加入中の方は任意加入できません。

※65歳になるまでに納付済み期間が480月に達した場合は自動的に喪失します。 


付加保険料

第1号被保険者(自営業など)は、通常の保険料の他に月額400円の付加保険料を納めて、老齢年金に上乗せした年金(付加年金)を受けることができます。

ただし、国民年金基金や国民年金保険料の免除該当者は、納めることができません。

付加保険料は申出をした月から納めていただくようになります