トップ年金・保険 > 要介護1〜5(要支援1・2)の人が利用できる介護(介護予防)サービス

年金・保険 - 要介護1〜5(要支援1・2)の人が利用できる介護(介護予防)サービス

通所して利用 サービスの主な内容
…冥蟆雜遏淵妊ぅ機璽咼后
(介護予防通所介護)
※介護予防通所介護は、平成28年度から新しい総合事業に移行して実施されます。
通所リハビリテーション(デイケア)
(介護予防通所リハビリテーション)
…冥蟆雜郢楡澆膿事や入浴など日常生活の支援を行います。
∀型擁欸鮖楡澆箘緡典ヾ悗覆匹膿事、入浴など日常生活上の支援やリハビリテーションを日帰りで行います。
訪問を受けて利用 サービスの主な内容
)問看護(ホームヘルプ)
(介護予防訪問介護)
※介護予防通所介護は、平成28年度から新しい総合事業に移行して実施されます。
∨問入浴介護
(介護予防訪問入浴介護)
K問リハビリテーション
(介護予防訪問リハビリテーション)
に問看護
(介護予防訪問看護)
サ鐶靂斗楷浜指導
(介護予防居宅療養管理指導)
.曄璽爛悒襯僉爾居宅を訪問し入浴、排泄、食事などの身体介護や調理、洗濯などの生活援助を行います。
介護士と看護師が家庭を訪問し浴槽を提供して入浴介護を行います。
M学療法士、作業療法士、言語聴覚士が訪問しリハビリテーションを行います。
ぜ栖気覆匹鯤えている人について看護師が療養上の世話や診療の補助を行います。
グ綮奸∋科医師、薬剤師、管理栄養士などが療養上の管理や指導を行います。
居宅での暮らしを支える サービスの主な内容
(〇稷儷颪梁瀝
(介護予防福祉用具貸与)
特定福祉用具購入費の支給
(介護予防福祉用具購入費の支給)
住宅改修費の支給
(介護予防住宅改修費の支給)(事前申請が必要です)
‘常生活の自立を助けるための福祉用具を貸与します。(車いす、特殊寝台歩行器 認知症老人徘徊感知器等)
∧〇稷儷颪鮃愼した場合10万円(保険給付は9万円)を上限に費用を支給します。(腰掛便座、入浴補助用具等)
手すりの取り付け、段差解消などの住宅改修をした場合、20万円(保険給付は18万円)を上限に費用を支給します。
短期間入所する サービスの主な内容
|惨入所生活介護(ショートステイ)
(介護予防短期入所生活介護)
(〇禹楡澆箘緡纏楡澆肪惨間入所して、日常生活上の支援や機能訓練などが受けられます。
在宅に近い暮らしをする サービスの主な内容
‘団蟷楡瀑居者生活介護
(介護予防特定施設入居者生活介護)
〕料老人ホームなどに入居している高齢者に、日常生活上の支援や介護を提供します。
施設に入所する サービスの主な内容
※要支援1、2の人は利用できません。また、原則として要介護3以上でないと入所できませんが、一定の要件に該当する場合は要介護1、2の方でも入所できます(特例入所)
_雜醢型擁〇禹楡(特別養護老人ホーム)
・常時介護が必要で居宅での生活が困難な人が入所して日常生活上の支援や介護が受けられます。
介護老人保健施設(老人保健施設)
・状態が安定している人が在宅復帰できるよう、リハビリテーションを中心としたケアを行います。
2雜醂斗楫唇緡纏楡(療養病床等) ・急性期の治療を終え、長期の療養を必要とする人のための医療施設です。