トップ年金・保険 > 地域包括支援センターについて

年金・保険 - 地域包括支援センターについて

「浅川町地域包括支援センター」ってどんなところ?

地域包括支援センターは、地域で暮らす高齢者のみなさんを介護、福祉、健康、医療などのさまざまな面から総合的に支えるために設けられました。高齢者のみなさんやその家族、近隣に暮らす人の介護に関する相談、健康や福祉、医療や生活に関することなどの相談に応じ、総合的に支援します。


ー立した生活ができるように・・・

高齢者のみなさんが、住み慣れた我が家で自立した生活が継続できるように支援します。また、介護が必要になることを予防するための支援を行います。


△気泙兇泙別簑蠅魏魴茲垢襪燭瓩・・・

高齢者のみなさんやその家族、近隣に暮らす人々の介護に関する悩みや心配事、健康や福祉、医療や生活に関することなど、なんでもご相談ください。


いつでも必要なサービスが提供されるために・・・

高齢者のみなさんの心身の状態やその変化に合わせて、必要なサービスが提供されるようにケアマネジャーへの指導・助言や医療機関など関係機関との連絡調整を行います。 談、成年後見制度の紹介などがあります。


す睥霄圓里澆覆気鵑慮⇒を守るために・・・

高齢者のみなさんが安心していきいきと暮らすために、みなさんが持つさまざまな権利を守るための支援を行います。例えば、高齢者の虐待、消費者被害の相談、成年後見制度の紹介などがあります。


地域包括支援センターでは、
さまざまな機会をとおしてみなさんの介護予防や元気づくりを応援しています

(1)町が行う介護予防事業(地域支援事業の介護予防事業)を利用できます。

◆運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上
◆閉じこもり予防・支援、うつ予防・支援、認知症予防・支援などを実施しています。


(2)介護教室等

地域住民を対象に、適切な介護の知識・技術等を普及するための教室を実施し、子供から高齢者、また男女が共に介護や地域での支え合いについて考える機会を設定しています。


(3)サロンづくり

みんなでお茶を飲んでおしゃべりしたり、ゲームや体操をしたり、みんなで無理なく自由に活動する元気高齢者の集まりの場「サロン」づくりを支援しています。


(4)認知症サポーター養成講座

認知症になっても安心して住み慣れた我が家で暮らせるように、認知症をより多くの人に理解してもらうために、地区や団体等を対象に認知症サポーター養成講座を開催しています。