トップ > 浅川町の概要

浅川町の紹介 - 浅川町の概要

浅川町は福島県中通りの南部に位置し、阿武隈山系の雄大な自然と田園風景に囲まれた緑豊かな町です。
昭和10年に町制が施行され第四次振興計画の将来像「住んでよかった 私の町 浅川」の実現に向かってまちづくりを進めています。


町の花・木・鳥(昭和55年制定)

サギソウ 町の花/サギソウ アカマツ 町の木/アカマツ オナガ 町の鳥/オナガ

町章(昭和43年制定)

町のイメージキャラクター(平成10年制定)

町章 「A」は浅川町のイニシャル(頭文字)で無限の躍進を示し、鋭角は城山をなぞらい、古い伝統を表象、外側の円は町民のかたい団結と融和を意味します。 町のイメージキャラクター 伝統ある浅川町の"花火"の尺玉をモチーフに、キャラクター化しました。全体を球体にすることで、融和とふれあい、やさしさを表現。また、頭の花火が、未来へ向かって飛躍・発展する元気いっぱいの「あさかわまち」を可愛らしくさわやかに表現しています。

町民憲章(昭和55年制定)

浅川町は、花火のふる里として、長い歴史と 伝統をもち自然に恵まれた美しい町です。
わたくしたちは町民としてこれを受け継ぎ、さらに希望と活気あふれる町づくりを進めるため、ここに町民憲章を定めます。


1.自然を愛し、文化の香り高い町をつくりましょう。

2.互いに助け合い、心豊かな町をつくりましょう。

3.元気で働き、明るく住みよい町をつくりましょう。