○浅川町老人ホーム入所判定委員会設置要綱

平成5年3月31日

要綱第9号

(目的)

第1条 この要綱は,浅川町老人ホーム入所判定委員会(以下「判定委員会」という。)の設置,組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 町長は,老人福祉法第11条第1項第1号及び第2号の規定による老人ホームへの入所措置の適正を期すため,判定委員会を設置する。

2 判定委員会は浅川町,石川町,玉川村,平田村,古殿町の判定委員会と合同により開催し,運営方法については,関係町村が協議の上で定める。

(判定委員会の職務)

第3条 判定委員会は,次の事項を所掌する。

(1) 新規入所者の入所措置の要否及び入所中の者に対し,入所継続措置の要否について判定すること。

(2) 入所不適と判断した者に対し,在宅福祉サービスの利用等について,検討すること。

(委員)

第4条 判定委員会は,次に掲げる者(以下「委員」という。)をもって組織する。

(1) 県及び関係町村の老人福祉担当者

(2) 医師

(3) 老人福祉施設長

2 委員は町長が委嘱する。

(委員の任期)

第5条 委員の任期は2年とする。ただし,補欠の委員の任期は前任者の残任期間とする。

2 委員は,再任されることができる。

(報償及び費用弁償)

第6条 委員のうち,医師に別途定める報償を支払うものとする。

2 委員に別途定める旅費を支給する。

(会議の招集)

第7条 判定委員会は,次に掲げる場合,町長が招集する。

(1) 入所措置及び入所継続措置の要否について判定する場合

(2) その他入所措置の適正を期すため,町長が必要と認めた場合

(措置の要否判定)

第8条 判定委員会は,「措置の基準」に基づき「老人ホーム入所判定調査票」により,総合的に判定する。

(判定結果の報告)

第9条 判定委員会は,判定結果を町長に報告する。

(庶務)

第10条 判定委員会の庶務は,保健福祉課が処理する。

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか,判定委員会の運営に関し必要な事項は,町長が別に定める。

附 則

この要綱は,平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成9年要綱第9号)

この要綱は,公布の日から施行し,平成9年4月1日から適用する。

附 則(平成16年要綱第5号)

この要綱は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成20年要綱第2号)

この要綱は,平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成23年要綱第11号)

この要綱は,公布の日から施行し,平成23年4月1日から適用する。

浅川町老人ホーム入所判定委員会設置要綱

平成5年3月31日 要綱第9号

(平成23年5月11日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成5年3月31日 要綱第9号
平成9年5月28日 要綱第9号
平成16年3月24日 要綱第5号
平成20年3月24日 要綱第2号
平成23年5月11日 要綱第11号