○浅川町保育所延長保育事業実施要綱

平成27年3月20日

訓令第4号

(目的)

第1条 この要綱は,浅川町保育所設置条例(昭和30年浅川町条例第4号)(以下「条例」という。)第6条に規定する保育時間を超えて保育を行う事業(以下「延長保育事業」という。)を実施することにより,安心して子育てができる環境の実現に資することを目的とする。

(実施日及び実施時間)

第2条 延長保育事業実施日は,条例第6条第2項に規定する日曜,祭日及び土曜日以外とする。

2 延長保育事業実施時間(以下「実施時間」という。)は,保育短時間利用にかかる延長保育(以下「延長保育」という。)の利用については,午前7時10分から午前8時及び午後4時から午後6時10分までとする。

3 前2項の規定にかかわらず,町長が必要であると認めたときは,延長保育事業の実施を取り止め,又は実施日及び実施時間を変更することができる。

(対象児童)

第3条 延長保育事業の対象となる児童は,子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第19条第1項第2号又は第3号に掲げる小学校就学前子どもの区分に係る認定を受けた子ども(他市町村からの広域入所児童を含む。以下同じ。)とする。

(利用の手続)

第4条 延長保育の利用を希望する保護者(以下「利用者」という。)は,利用日の7日前までに延長保育通常利用申込書(様式第1号)又は延長保育一時利用申込書(様式第2号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は,前項の規定による提出があった場合には,これを速やかに審査し,第3条に規定する対象児童の要件に該当し,延長保育が必要と認めたときは,延長保育利用承諾書(様式第3号)により利用者に通知するものとする。

3 利用者は,緊急その他やむを得ない事由により第1項の申込書を利用日の7日前までに提出できないときは,利用を希望する旨を保育所長に連絡し,当該申込書を利用日までに,又は利用日後速やかに提出することができる。

(延長保育事業利用者負担金)

第5条 町長は,利用者から延長保育利用者負担金(以下「負担金」という。)を徴収することができる。

2 負担金の額は,次のとおりとする。

(1) 浅川町子ども・子育て支援法施行細則に基づく利用者負担額に関する規則(平成27年浅川町規則第7号)に定める別表(以下「利用者負担金表」という。)の階層区分がA又はBの世帯は無料とする。

(2) 利用者負担金表の階層区分がA又はB以外の世帯については,通常利用対象児童1人につき1か月当たり3,000円とし,一時利用対象児童1人につき1回の利用ごとに300円とする。ただし,1か月当たりの利用回数が10回以上となるときは,通常利用をしたものとみなす。なお,延長保育の利用については,最長で午前7時10分から午前8時及び午後4時から午後6時10分までを1回とする。

3 利用者は,延長保育を利用した月の翌月10日までに負担金を納入しなければならない。

(利用の解除又は停止)

第6条 町長は,次の各号のいずれかに該当するときは,延長保育の利用を解除し,又は停止することができる。

(1) 第3条に規定する対象児童でなくなったとき。

(2) 利用者から延長保育利用停止届(様式第4号)の提出があったとき。

(3) その他町長が延長保育を継続することが不適当であると認めたとき。

2 前項第2号の提出があったときは,延長保育利用停止通知書(様式第5号)を利用者に通知するものとする。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか,必要な事項は,町長が別に定める。

附 則

この要綱は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年訓令第8号)

(施行期日)

1 この訓令は,行政不服審査法(平成26年法律第68号)の施行の日(平成28年4月1日)から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の際,第2条の規定による改正前の浅川町保育所延長保育事業実施要綱,第3条の規定による改正前の浅川町子ども・子育て支援法施行細則及び第4条の規定による改正前の浅川町地域生活支援事業実施要綱に規定する様式による用紙で,現に残存するものは,当分の間,所要の修正を加え,なお使用することができるものとする。

画像

画像

画像

画像

画像

浅川町保育所延長保育事業実施要綱

平成27年3月20日 訓令第4号

(平成28年4月1日施行)