トップ税金 > 路線価等の公開について

税金 - 路線価等の公開について

路線価とは、市街地などにおいて街路に付けられた価格のことであり、具体的にはその街路に接する標準的な宅地1崚たりの価格をいいます。主要な街路の路線価は、標準宅地についての地価公示価格や鑑定評価価格等を基にして求められ、その他の街路価格は、この主要な街路の路線価を基にして幅員や公共施設からの距離等に応じて求められます。宅地の価格(評価額)は、この路線価を基にしてそれぞれの宅地の状況(奥行、間口、形状)に応じて求められます。
納税者の方々に土地の評価に対する理解と認識を深めていただくために、評価額の基礎となる路線価が全て公開されています。また、標準宅地の所在についても公開されています。

市街化宅地評価法

市街地的な形態を形成する地域において望ましいとされる評価方法であり、いわゆる路線価方式といわれるもので、街路ごとに、当該街路に沿接する標準的な宅地の一平方メートル当たりの価格を表す路線価を付設して評価を行うものです。
当町では、荒町、本町、東大畑及び簑輪の一部地域でこの市街化宅地評価法を適用しています。

標準(基準)宅地

標準宅地とは、市町村内の地域ごとに、その主要な街路に接した標準的な宅地をいいます。当町においては、全域に56ポイントの標準宅地を設定しており、この標準宅地の鑑定価格に基づいて、宅地を比準とする土地の評価を行っています。

路線価等の公開

路線価等の公開情報は、町役場税務課で閲覧することができます。
また、財団法人資産評価システム研究センターのサイトで、浅川町の路線価等の情報を含む全国の路線価情報を配信しています。

サイト名「全国地価マップ」 http://www.chikamap.jp