トップ税金 > 納税義務者

税金 - 納税義務者

国保税は世帯ごとに税額計算を行いますので、課税は世帯の代表者である世帯主に対して行われます。世帯主が社会保険等の国保以外の医療保険に加入している場合でも、家族のどなたかが国保に加入していれば、納税通知書や連絡文書は世帯主に対して送付されます。ただし、税額の計算に用いる所得や資産は被保険者のものが用いられますので、世帯主が国保被保険者でない場合は世帯主の所得や資産は税額の算出には含まれません。


国保の納税義務者はなぜ世帯主?

国保は社保(被用者保険)と違い、扶養の概念がなく国保の加入者全員が被保険者です。しかし、国保の被保険者には児童や学生、高齢者など収入がない(少ない)人が多く含まれるため、被保険者一人一人に納付をお願いすることは適切ではありません。したがって、通常、その世帯において生計を立て、家族を養う立場である世帯主を国保では納税義務者としています。