トップ福祉 > 諸手当制度

福祉 - 諸手当制度

児童手当

次代を担う児童の健全な育成および資質の向上と家庭における生活の安定のため、子育てにかかる費用として児童手当が給付されます。

【対象となる要件】
15歳到達後最初の3月31日までの児童を養育している方


特別児童扶養手当

一定の障害があって日常生活を送ることが困難な児童の福祉増進を図るため、特別児童扶養手当が給付されます。

【対象となる要件】
身体または精神に中・重度の障害を有する20歳未満の児童を監護している父・母または父母にかわり児童を養育している方


児童扶養手当

父または母のいない児童が育てられている家庭の生活の安定と自立を助けるため、児童扶養手当が給付されます。

【対象となる要件】
18歳到達後の最初の3月31日までの間にある児童を監護している父・母または父母にかわり児童を養育している方


乳幼児及び児童医療費等の助成

児童の健康の増進及び疾病や負傷の治療の促進を図るため、保険診療による負担金ならびに入院時食事療養費標準負担額を助成します。

【対象となる要件】
18歳到達後の最初の3月31日までの間にある児童が疾病や負傷で治療を受けたとき

【助成対象者】
「浅川町に住所のある乳幼児及び児童」の保護者
(児童の住民登録地が支給)

【助成対象期間】
出生した日又は転入した日から18歳到達後の最初の3月31日まで、又は転出した日の前日まで

【助成対象医療費】
医療保険各法の規定による医療の給付を受けた場合に支払った一部負担額(入院・通院とも(高額医療費・附加給付を除く))


ひとり親家庭医療費助成金制度

ひとり親家庭(母と子、父と子等)のうち所得の低い家庭に対し医療費の一部を助成します。

【対象となる要件】
18歳未満の児童(高校在学中の児童は、18歳到達後の最初の3月31日まで)を養育している配偶者のいない父または母とその児童


出生祝金支給事業

町の人口増加と活力ある町づくりを図るとともに、出生を祝福し、出生児の健やかな成長を願い祝金を贈ります。
〔第1子5万円、第2子5万円、第3子10万円、第4子20万円、第5子以降30万円を支給する。〕

【対象となる要件】
・同一夫婦の間に出生した新生児
・浅川町に1年以上住所を有していること
・現に同居する2人以上の兄妹がいること(第3子以降)