浅川町花火大会について|花火の里浅川

浅川町花火大会について

浅川町の花火大会は、毎年お盆の8月16日に開催されます。浅川の花火、その起源は諸説が伝えられていますが、諸説を特定することはできません。一説によれば、江戸時代中期からはじまったとされ300有余年の歴史があり、福島県内最古の伝統を持つ花火大会と言われています。浅川の花火は、寺花火とも言われており、古くから僧侶による供養が行われていました。現在でも花火打ち上げの前には、花火起源の一つである一揆騒動説の首謀者が処刑された「弘法山公園」において、神仏混交の慰霊祭が粛々と執り行われ、この地で起こった一揆騒動の犠牲者や古くは戊辰戦争、日清、日露、太平洋戦争の戦没者の供養を行っています。

花火大会を主催するのは、町の市街地を二分する荒町、本町の両町青年会の若者であり、花火大会では、「早打ち」などの打ち上げを行うほか、慰霊祭も挙行しこの歴史ある町の伝統行事を継承しています。

花火大会では、趣向を凝らした大小数千発の打ち上げ花火が夜空を彩ります。なかでも浅川の花火の呼び物となっているのが、「大からくり」や「地雷火」です。浅川町内を見下ろす城山の山肌で炸裂する「地雷火」は迫力満点、浅川の花火のクライマックスを飾ります。他所では見られない「地雷火」、この城山での光景を一目見ようと毎年、町内外から3万人以上もの見物客が訪れます。

また、毎年元旦の午前0時より、除夜の花火と称して慰霊花火108発が打上げられます。冬の花火は夏の花火とは違った趣があり、一年の計を占い元朝参りの人々が祈りを捧げます。


2017年「浅川の花火」大会の御案内

浅川の慰霊花火「十六夜の蝉折(いざよいのせみおれ)〜月待の祈り〜」

「浅川の慰霊花火」は、未曾有の災害であった東日本大震災の犠牲者を追悼するとともに、この震災での出来事を後世の人々に伝え、震災から立ち上がった人々の想いや「絆」の大切さを語り継いでゆくことです。
 今年の浅川の慰霊花火「十六夜の蝉折」は、「十六夜」と「二十三夜」の二つの月待ち行事をテーマとしています。月待の行事は、特定の月齢の夜に、講中(こうちゅう)と称する仲間が集まり、月を拝み、身を清めて魔を払い、宴を催し友と語らい、互いの絆を深め合う、月を信仰する行事として、江戸時代の文化、文政時代の頃に日本全国に流行しました。
 震災によって、失われつつあった心の繋がり、その大切さに気付いた人々、苦難を共にして喜びを分かち合った仲間たち・・これからもずっと、その優しさと思いやりの心が、友を呼び友を結び、その絆がさらに同じ仲間たちを紡いでゆくようにとの願いが込められています。
 また、「十六夜」は、旧暦の8月16日の夜を指し、「浅川の花火」打上げの日そのものです。「二十三夜」の講中は、「浅川の花火」主催の青年会が、現在も行っている伝統行事であり、青年会の花火打上げの活動は、年明け1月「二十三夜講」の仲間との集いから始動します。

 

開催日 2017年8月16日(水) 午後7時打ち上げ
開催場所 浅川町民グラウンド
主催 浅川町両町青年会
後援 浅川町・浅川町商工会・浅川の花火後援会

同時開催

花火の里フェスティバル
花火の里で縁日屋台めぐり
開催日 2017年8月16日(水) 午前11時〜
開催場所 浅川町民グラウンド
主催 浅川町商工会

あさかわ花火物語

浅川町ホームページへ